ハムスターの餌を買いに行ったはずが子犬ちゃんをお持ち帰りした話

我が家にやってきて2ヶ月の子犬のベルちゃん。生後7カ月半のマルキャバ(マルチーズとキャバリアのミックス)です。
すっかり我が家のアイドルとなっているベルちゃん。
今日はこの子が我が家にやってきた日の事を書いてみます。

2カ月前にハムスターのミントちゃんの餌を買いに行った時のこと。
いつも馴染みのペットショップで長女が一目惚れ!
目が合った瞬間に惹かれてしまった模様。

飼いたいという長女に餌を買いに来ただけでしょ!と言っても頑としてその場を離れず、目に大粒の涙をためて泣き出す始末・・・。
慌ててなだめても「連れて帰りたい?!!」の一点張りで、店中に長女の泣き声が響いてました(汗)

とりあえず抱っこだけさせてもらうことになったけど、少しナーバスだったようでそっと抱いてあげると子犬の方からもギュッとくっついてきて、
「や、やばい!確かに可愛すぎる!!」と今度は私まで陥落されてしまいました。

すぐその場で家族会議開催!!
結果「OK!」の判決。
なんて私たちはお店にとっては神な客なんだろうと、大きな衝動買いをしてしまったことに少しの後悔をしつつ帰宅したのですが、
やっぱりあのときこの子を持ち帰りして良かったなぁと思う今日この頃です。

ものすごい安い中古車の、その値段の理由は?

いつも通勤のときに中古車ディーラーの前を通るのですが、ときどき異様に安い中古車を見かけることがあります。
多くの場合は、かなり年式が古いものや走行距離が長くなっているものです。
見た目にもはっきりとデザインの古さを感じるし、とりあえず動けばいいかな的な感じがします。
実際、長く乗るつもりはなく、一時的に使うために、安い車を探している人もいるのでしょう。
下手に古い車を買って乗り続けるのは、燃費の悪さやメンテナンスのコストの高さで、逆に高くつくことがあります。
でも、不思議なのは、それほど古くもなく、走行距離も短いのに、異様に安い車です。
もちろん不人気のモデルだとか、不人気のカラーだとか、そういう理由があればわかります。
でも、そうではなく、まったく問題なさそうに見えるのに、明らかに安い値段設定がされているものがあったりするんですよね。
ひょっとして事故車なのかな…?なんて思ってしまうのですが、どういう理由であの値段になっているのでしょうか。