個人投資家が気をつけなくてはならないこと

個人で投資している場合に重要なことは何%儲かったとかではなく、もうけることができた金額です。投資というのは普通は何%儲かったことがクローズアップされ、いくら儲かったということはあまり明るみに出ない傾向にあります。確かに巨大な投資ファンドがどのくらいの利益を上げたとしても、その時は投資元本に対して何%のリターンがあったことが需要になるので、儲かった金額はどうでもいいのです。
しかし、話が個人になりますと話はまったく別なのです。なぜならば、個人とはダイレクトに儲かった金額が自分のものになるので、一番需要なことが儲かった額になるのです。たとえば、投資元金が100万円だった時に1%の利益を上げたとしても金額にすれば1万円の利益でしかありません。しかし、同じ1%でも投資金額が1億円になれば利益は100万円になるのです。
ですから、個人の場合は今年のリターンが何%などということは考えずに今年いくら儲かったかが重要になってくるのです。ミュゼ 無料